右変形性股関節症で障害厚生年金3級を取得 年間150万円遡及適用分420万円を受給できたケース

男性(50代)会社員
傷病名:右変形性股関節症
決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級
障害厚生年金 年間受給額:150万円 遡及適用分420万円

相談時の相談者様の状況

突然右足に痛みがあり、ヘルニアの治療で通っていた病院の先生に相談したところ、痛みの原因はヘルニアではなく、右の股関節が変形しているとのことで、初診から間もなく人工関節置換手術を行われ、3年ほど過ぎて障害年金のことを知り、当方に相談においでになられました。

依頼から請求までのサポート

会社員の為仕事終わりの夕方に面談をいたしました。その際も杖をついてかなり歩きにくそうなご様子で、申請の時間が取れないとのことでした。そのため、ご負担をかけないように、現在通院していない初診の病院の診断書については、代行して取得し、何度か必要事項の記載漏れの書直しをお願いし、現症の診断書のみご本人様に取得していただきました。

結果

初診から1年6カ月以内に右股関節に人工関節を装着したため、申請まで時間がたっていますが遡って障害認定日の請求ができました。定年間近で再雇用後の働き方も心配されておりましたが、年金を受給できることになり、その面では安心していただけたと思います。結果年金年額150万円の年金をと遡及分420円を受給できることになりました。

受給事例の最新記事

関節リウマチ・変形性股関節症・四肢の麻痺や欠損等(人工関節・交通事故)の最新記事

障害年金無料 相談会受付中! 045-594-8864 受付時間 9:00-20:00(土日・祝日応相談) 無料相談会予約無料メール相談
あなたは障害年金をもらえる?もらえない?どっち? 障害年金は多くの方が受給できる可能性のある年金です 無料診断実施中! 簡易1分受給診断 障害年金無料診断 キャンペーン