肺癌で障害厚生年金3級を取得、年間59万円を受給できたケース

男性(50代)無職
傷病名:左肺癌
決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級
障害厚生年金 年間受給額:59万円

相談時の相談者様の状況

ご自身で半年ほど前に申請したところ、不支給決定を受け、年金が受給できないかとご相談に来られました。肺癌のため、疲れやすく、声も出にくいため、仕事も続けられなくなり現在は治療のためお仕事ができない様子でした。

依頼から請求までのサポート

不支給となった原因を調べるため、年金事務所に申請書類の写しを取り寄せ、内容を確認しました。診断書は「呼吸器疾患の障害用」の診断書が添付されていましたが、呼吸器疾患の認定基準では3級に足りないことは明らかでした。がんによる、請求の場合は、癌そのものによる病状や、抗がん剤等による投薬の影響による症状により総合的に判断されます。そのため診断書を「その他の障害用」の診断書に一般状態区分の記載の資料と、自覚症状についての記載資料を、依頼者様の様子を聞き取りまとめたものを先生にお渡しし、再度、診断書を作成していただきました。

結果

診断書を年金の申請に合ったものに変えたことにより、障害厚生年金3級を受給できることになりました。収入面ではまだまだ不安ですが、体調が回復してきたときに仕事を探す際に安心感があるとおっしゃっていただきました。

受給事例の最新記事

咽頭がん・肺がん・直腸がん等の最新記事

障害年金無料 相談会受付中! 045-594-8864 受付時間 9:00-20:00(土日・祝日応相談) 無料相談会予約無料メール相談
あなたは障害年金をもらえる?もらえない?どっち? 障害年金は多くの方が受給できる可能性のある年金です 無料診断実施中! 簡易1分受給診断 障害年金無料診断 キャンペーン