脊髄小脳変性症で障害厚生年金3級を取得、老齢年金の障害者特例で年間294万円を受給できたケース

男性(60代)無職
傷病名:脊髄小脳変性症
決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級
老齢厚生年金障害者特例 障害厚生年金 年間受給額:294万円

相談時の相談者様の状況

定年後再雇用の健康診断で小脳の異常を指摘され、結果的に再雇用されず困惑してご相談に来られました。

依頼から請求までのサポート

初診から日がまだ浅かったので、書類関係は問題ありませんでしたが、症状がまだそれほど進んでいなかったので2級は厳しい状況でした。しかし老齢年金の障害者特例の条件に合致するので3級狙いでも基礎年金部分が支給されることを説明するとご安心なさったようでした。

結果

障害等級3級を取得したので、老齢年金の障害者特例に切り替えました。現役時代に厚生年金保険料を多く支払っていましたので、年間294万円を受給されました。

全身性エリテマトーデス・潰瘍性大腸炎等の最新記事

受給事例の最新記事

障害年金無料 相談会受付中! 045-594-8864 受付時間 9:00-20:00(土日・祝日応相談) 無料相談会予約無料メール相談
あなたは障害年金をもらえる?もらえない?どっち? 障害年金は多くの方が受給できる可能性のある年金です 無料診断実施中! 簡易1分受給診断 障害年金無料診断 キャンペーン