両眼網膜色素変性症(視野障害)で障害厚生年金2級を取得、年間215万円を受給できたケース

男性(40代)会社員
傷病名:両眼網膜色素変性症(視覚障害)
決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級
年間受給額:215万円

相談時の相談者様の状況

10年前から暗いところが見えにくいなど、夜盲の他に視野狭窄の自覚症状が進み、障害年金の申請ができないかということで相談に来られました。

 

相談から請求までのサポート

初診の病院は、廃業してしまっていて、初診の受診状況等証明書はとれませんでしたが、2件目の病院に紹介状があり、そちらの病院で受診状況等証明書をご記載いただきました。

1件目の病院にかかってすぐに紹介状をいただいており、紹介状の日付を頼りに、2件目の受診状況等証明書の発病から初診までの経過をご記載いただく際に、紹介状の日付で前医を受診したことを記載してもらいました。

併せて病歴・就労状況等証明書に初診からの流れをわかりやすく記載いたしました。視野狭窄の程度については、相談時にいただいた資料で確認が取れていたので、診断書については細かな記載漏れ等の修正で済みました。

 

結果

網膜色素変性症は、初診の証明に苦労することが多いため、発病から診察をし、検査にいって傷病が確定する流れをスムースに記載することが重要かと思います。

障害者手帳についても併せてお知らせし、手続き中に申請され手帳の取得も出来ました。結果、年金年額215万円を受給することが出来ました。

受給事例の最新記事

網膜色素変性症(視力・視野障害)・感音性難聴等の最新記事

障害年金無料 相談会受付中! 045-594-8864 受付時間 9:00-20:00(土日・祝日応相談) 無料相談会予約無料メール相談
あなたは障害年金をもらえる?もらえない?どっち? 障害年金は多くの方が受給できる可能性のある年金です 無料診断実施中! 簡易1分受給診断 障害年金無料診断 キャンペーン