多発性硬化症で障害基礎年金2級を取得、年間78万円を受給できたケース

女性(50代)無職
傷病名:多発性硬化症
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
障害基礎年金 年間受給額:78万円

相談時の相談者様の状況

多発性硬化症は中枢神経系の脱髄疾患の一つで、病変が出来る部位によって、
目に症状がでたり、嚥下や会話が不自由になったり、手足の運動障害や認知金曜に障害が出る
場合もあり、様々です。ご相談者の方も初期には複視や、まっすぐ歩けないなど平衡機能に
障害が現れはじめ、ご相談時には四肢の麻痺の状態がひどく、杖を使っての歩行も非常に
つらそうな状態でした。

ご自身が年金事務所で手続きを進められていましたが、病気を抱えての申請が難しく当事務所に
ご相談に来られました。

相談から請求までのサポート

今回の請求は、多発性硬化症による四肢麻痺の状態を訴えるため、
肢体障害の診断書を神経内科の先生にご依頼することになります。
肢体障害の診断書については、症状があっても記載漏れがある評価されないこともあり、
お聞きした状況が伝わるように診断書を依頼する際に日常生活動作の程度をお伝えする書類と
診断書記載にあたってご注意いただきたい点をまとめた医師への依頼文をお渡しいたしました。

出来上がった診断書もご依頼者の方の病状が伝わるような十分な内容でした。

結果

結果、障害基礎年金2級を受給することが出来ました。

肢体障害を抱えての申請はご負担な点も多くご依頼いただくことによって
早期に提出が出来るメリットがありますので、是非ご相談いただければと思います。

受給事例の最新記事

難病・その他の最新記事

障害年金無料 相談会受付中! 045-594-8864 受付時間 9:00-20:00(土日・祝日応相談) 無料相談会予約無料メール相談
あなたは障害年金をもらえる?もらえない?どっち? 障害年金は多くの方が受給できる可能性のある年金です 無料診断実施中! 簡易1分受給診断 障害年金無料診断 キャンペーン