双極性感情障害で障害厚生年金2級を取得、年間165万円を受給できたケース

男性(40代)無職
傷病名:双極性感情障害
決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級
障害厚生年金 年間受給額:165万円

相談時の相談者様の状況

仕事が忙しく、食欲不振・意欲低下となり、病院を受診することになりました。検査の結果、うつ状態の診断がされ自宅療養及び抗うつ薬の内服を開始しました。
医師の指示通り、抗うつ薬を内服し月2回程度通院するが改善せず、1年半ほどすると1日中家に引きこもり、殆ど布団から起きられない生活となり、パニック障害も出るようになりました。

症状は少しずつ改善しましたが復職、休職を繰り返すようになりました。症状が改善されない為、母親の勧めで転院しましたが、症状が悪化したため大学病院に入院となりました。

退院後も症状は改善せず、仕事も退職となりました。病状が改善しないままご両親とともに相談に来られました。

相談から請求までのサポート

初診から4件目の病院はカルテが残っていませんでしたが、ご本人が全ての病院で診断書を取得しており、初診の証明は問題ありませんでしたが、診断書の内容がご本人の病状を正確に反映しているとは思えませんでしたので、見直してもらうよう御家族に助言いたしましたが、上手く伝える自信がないということで、ご家族と病院に同行し、先生に見直しをお願い致しました。

その結果、御本人の病状に即した診断書にご変更いただけました。

結果

認定日請求の障害厚生年金2級が決定し、年額165万円を受給することができました。

双極性障害(躁うつ病)の最新記事

受給事例の最新記事

精神疾患の最新記事

障害年金無料 相談会受付中! 045-594-8864 受付時間 9:00-20:00(土日・祝日応相談) 無料相談会予約無料メール相談
あなたは障害年金をもらえる?もらえない?どっち? 障害年金は多くの方が受給できる可能性のある年金です 無料診断実施中! 簡易1分受給診断 障害年金無料診断 キャンペーン