受給事例

うつ病で障害厚生年金2級を取得、年間117万円を受給できたケース

 男性(40代)休職中傷病名:うつ病決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級障害厚生年金 年間受給額:117万円  l  相談時の相談者様の状況 上司が変わり、相性が悪くストレスが増えていったことをきっかけに仕事上での対人トラブルが頻繁に起こるようになりました。感情のコントロールができなくなり、また不眠の症状が続くようになりました。 タクシードライバーであったため、不眠により乗車許可が下りず
続きを読む >>

多発性硬化症で障害厚生年金3級を取得、年間58万円を受給できたケース

女性(50代)無職傷病名:多発性硬化症決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級障害厚生年金 年間受給額:58万円  l  相談時の相談者様の状況 日によって体調に波があり、疲労感や手足の痺れ、肩から背中にかけての感覚異常、痛み、脱力感、眩暈などを感じられていました。 フルタイム勤務をすると症状が悪化してしまい、回復にも時間がかかるため、制限のある働き方を余儀なくされていました。週3~4日程度
続きを読む >>

網膜色素変性症で障害厚生年金2級を取得、年間146万円を受給できたケース

男性(30代)正社員傷病名:網膜色素変性症決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級障害厚生年金 年間受給額:146万円  l  相談時の相談者様の状況 視野狭窄に加え、夜盲、羞明がかなり進行していました。 夜は街灯があってもよく見えず、通行人や自転車と接触したり、路上のポールやチェーンに膝を強打してしまうため最寄り駅から自宅までは毎日タクシーを使って帰宅せざるを得ず、また日差しが出ている昼間
続きを読む >>

頭蓋内損傷に伴う認知症・高次脳機能障害で障害厚生年金1級を取得、年間280万円、遡及で444万円を受給できたケース

男性(50代)無職傷病名:頭蓋内損傷に伴う認知症・高次脳機能障害決定した年金種類と等級:障害厚生年金1級障害厚生年金 年間受給額:280万円  l  相談時の相談者様の状況 通勤中の交通事故により頭部を損傷したことで肢体障害と高次脳機能障害の症状が生じており、ご家族が相談に来られました。 手指が思うように動かない症状は程度が軽く、認知症・高次脳機能障害の症状が重度でした。人格が以前とは変わっ
続きを読む >>

急性大動脈解離で人工血管置換術を実施。障害厚生年金3級を取得、年間123万を受給できたケース

男性(50代)正社員傷病名:急性大動脈解離(Stanford A型)決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級障害厚生年金 年間受給額:123万円  l  相談時の相談者様の状況 急性大動脈解離(Stanford A型)にて人工血管置換術を受けてからおよそ半年経過したところでご相談に来られました。 職場にも復帰されていましたが、胸や背中、鼠径部に痛み、手の指に痺れ、両脚の感覚異常、声のかすれと
続きを読む >>

交通事故で障害厚生年金1級を取得、年間315万円、遡及額342万円を受給できたケース

男性(50代)無職傷病名:頚椎不全損傷決定した年金種類と等級:障害厚生年金1級障害厚生年金 年間受給額:315万円 遡及額342万円 l  相談時の相談者様の状況 自転車乗車中、反対から飛び出してきたスクーターを避けて前のめりに転倒し、救急搬送されました。MRI検査の結果、頚髄損傷が認められ、胸椎破裂骨折に対して後方固定術を受け、術後はリハビリテーションを継続していました。 その後リハビリテ
続きを読む >>

双極性障害で障害厚生年金2級を取得、年間173万円、遡及額749万円を受給できたケース

女性(60代)無職傷病名:双極性障害決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級障害厚生年金 年間受給額:173万円 遡及額749万円 l  相談時の相談者様の状況 仕事が多忙だったことや、職場の人間関係のストレスにより不眠等が出始め精神的に苦痛を感じていました。3週間休職後復職しましたが、症状が再び出始めたため、保健所の紹介で専門医を受診することとした。 その後、不眠等が続くものの仕事の関係で
続きを読む >>

うつ病で障害厚生年金2級を取得、年間160万円を受給できたケース

男性(50代)無職傷病名:うつ病決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級障害厚生年金 年間受給額:160万円  l  相談時の相談者様の状況 締め付けられるような頭痛・不眠・過食、不安感等の症状が出現しはじめました。気力低下、偏頭痛、歩行時のフワフワ感、食欲不振、不眠症状があり、無理をしない生活の中で、日によっては1日中横になっていた為、専門医を受診することにしました。うつ病と診断され、薬を処
続きを読む >>

アルツハイマー型認知症で障害基礎年金2級を取得、年間78万円、遡及請求で253万円を受給できたケース

男性(50代)無職傷病名:アルツハイマー型認知症決定した年金種類と等級:障害基礎年金障害認定日請求2級 現症日2級障害基礎年金 遡及額 253万円 年間受給額:78万円 相談時の相談者様の状況 50代前半から発症し、かかりつけの内科を受診、その後病状が進み、介護サービスを受けていたケアマネージャー様のご紹介でご相談に来られました。 相談者の方は認知症の症状が進み、病状等を伝えることが難しい状
続きを読む >>

エーラス・ダンロス症候群で障害基礎年金2級を取得、年間78万円を受給できたケース

男性(20代)無職傷病名:エーラス・ダンロス症候群決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級障害基礎年金 年間受給額:78万円 相談時の相談者様の状況 中学生(13歳)のときに発症、疼痛がひどく、徐々に歩行困難な状態で、20歳の誕生日を前に区役所の年金相談窓口で年金相談をされ、準備を進めるものの、書類作成が大変なことと、病状が正しく伝わるような診断書ができるのか心配されて、お母さまがご相談に来ら
続きを読む >>

<< 前の記事を見る
障害年金無料 相談会受付中! 045-594-8864 受付時間 9:00-20:00(土日・祝日応相談) 無料相談会予約無料メール相談
あなたは障害年金をもらえる?もらえない?どっち? 障害年金は多くの方が受給できる可能性のある年金です 無料診断実施中! 簡易1分受給診断 障害年金無料診断 キャンペーン