化学物質過敏症により障害厚生年金2級が認められ、年額159万円を受給できたケース

女性(40代)無職
傷病名:化学物質過敏症
居住地:川崎市
決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級
受給額: 年額:159万円

相談時の相談者様の状況

 職場での臭いで、吐き気やめまいを感じるようになりました。他人の洗剤臭や、車の臭いでふらふらになることが続くようになり、通勤も困難になり退職となりました。退職後はほぼ寝たきりとなり、外出もできなくなりました。一日中寝たきりになる日も多く、生活が成り立たない状況でした。医者に、強烈な疲労感、部屋や殺虫剤、車の臭いに激しく反応すること等を伝えると、専門クリニックを紹介され、化学物質過敏症と診断され、生活習慣の指導を受けました。現在、車や香水などを嗅ぐと動けなくなり、家事も出来なくなります。買い物に行くと店舗の臭いで発作が起こり、翌日は動けなくなることも多く、日常生活に支障をきたしています。

相談から請求までのサポート

 線維筋痛症もそうなのですが、化学物質過敏症も初診の証明に苦労します。初診と思われる医院がそのような診断をしていないといってなかなか証明してくれないからです。ただ今回は、アレルギーで受診したクリニックにすんなり書いていただきました。

結果

 障害厚生年金2級が認められ、年額159万を受給されました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「その他の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864