他の社労士に依頼するが不支給決定。弊社で手続きを行い、他の器質性精神病性障害で障害基礎年金2級を取得、年額78万円を受給できたケース

女性(30代)主婦
傷病名:他の器質性精神病性障害
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
受給額: 年額78万円 

相談時の相談者様の状況

 気分の気分の落ち込みや不眠が続き、抑うつや不眠が出現した為受診したところ、統合失調症と診断を受けました。意欲の低下や何をしても喜べないなど抑うつ症状も強く、また、対人不安でコミュニケーションが取れませんでした。自宅で過ごしていても幻覚や幻聴により塞ぎ込んでしまい、食事の準備や掃除洗濯、買い物といった家事全般も1人で満足に行うことができず、夫の介助を必要としていました。夫の転勤を機に転院したところ、他の器質性精神病性障害と診断されました。現在月1回程度通院し服薬治療を行っていますが、症状に大きな改善は見られず、日常生活では夫の援助が必須という状況が続いています。

相談から請求までのサポート

 奥様の傷病について、御主人からご相談がありました。3年ほど前に他の社労士に支給申請を依頼しましたが、不支給決定を受けてしまわれました。転勤を機に近医に3年ほど通院している為、もう一度チャレンジしたいとのことでした。日常生活状況を詳しくお聞きし、受給可能性についてお話いたしましたところご依頼となりました。

結果

 障害基礎年金2級を取得、年額78万円を受給できました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864