慢性腎不全で障害基礎年金2級を取得、年間78万円を受給できたケース

女性(30代)無職
傷病名:慢性腎不全
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
障害基礎年金 年間受給金額:78万円

相談時の相談者様の状況

高校時代の健康診断で血尿・尿蛋白を指摘され、病院に診察にいくと、慢性腎炎と診断されました。月に一度受診していましたが薬の副作用により診察を中断してしまいました。
そのまま数年経過したところ嘔吐が続き動けなくなってしまったため、病院に行くと即日入院となり翌日から人工透析となりました。現在は週3回透析に通っています。

依頼から請求までのサポート

初診が平成11年で個人病院の為、カルテはもう残っていないだろうと思っていましたが運良く残っており、初診の証明がスムーズに行えました。
事後重症の為早急の手続きを心掛けていましたが、なかなかご本人と連絡が取りにくかった環境の為、思いの他時間がかかってしまいました。

結果

障害等級2級を取得し、年間78万円を受給されました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「内科系の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864