内科で精神の診断書を書いてもらい「うつ病」で障害基礎年金2級を取得、年額78万円、訴求で400万円を受給できたケース

女性(30代) 無職
傷病名:うつ病
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
年額78万円 5年遡及 400万円

相談時の相談者様の状況

大変仲の良かった母親を亡くし、また幼い子を残しての妹の自殺、離婚、婚約者の突然の死などによりうつ病を発症し、一人では生活が難しいような状態で相談に来られました。

依頼から請求までのサポート

障害認定日当時は内科しか受診しておらず、止む無く内科にて診断書を作成してもらいました。現症の診断書は現在の掛かり付け医に作成してもらいましたが、診断書を書き慣れていない医師の為、直接医師へ再三書き直しをお願いし、やっと請求にこぎつけました。

結果

障害認定日の診断書が内科医のものであった為、認めてもらえるか不安でしたが、無事障害基礎年金2級が認められ5年の遡及で約400万円を受給されました。

うつ病・気分変調症等の最新記事

受給事例の最新記事

障害年金無料 相談会受付中! 045-594-8864 受付時間 9:00-20:00(土日・祝日応相談) 無料相談会予約無料メール相談
あなたは障害年金をもらえる?もらえない?どっち? 障害年金は多くの方が受給できる可能性のある年金です 無料診断実施中! 簡易1分受給診断 障害年金無料診断 キャンペーン