うつ病で障害厚生年金3級を取得、年間74万円を受給できたケース

女性(50代)
傷病名:うつ病
決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級
障害厚生年金 年間受給額:74万円

相談時の相談者様の状況

夜中に目覚めることが多くなり、やがて眠れなくなってしまいました。

不安感とパニックの繰り返しで急に泣き出したり、激しい発汗がおきるようになり、仕事の効率も落ちてしまいました。

本来の自分と比べるとどうなってしまったのか不安な日々を過ごしていたため、専門医を受診したところ、不眠症、自律神経障害と診断され、薬を処方されました。

しかし徐々に症状は悪化していき仕事に行くのが苦痛になり始めやがて仕事へも殆ど行くことができなくなってしまいました。

不眠が続き、何をするにも段取りや仕事のことが考えられなくなり、不安定な精神状態が続いたため別の病院を紹介してもらいました。

そこでうつ病と診断され薬を処方されましたが、仕事は継続することが出来ず退職となりました。

不眠、動悸、疲労感、不安感や物事を進められない等の症状により、日常生活や家事をこなすことができなくなり夫の手助けが必要となりました。

派遣やアルバイトで生計を立てていましたが、長続きせず生活が苦しくなりご相談に来られました。

 

相談から請求までのサポート

初診日は2年前なのでカルテは残っており、特に問題なく揃えることができましたが、診断書の内容が思ったほどではなかった為、先生に再考をお願いしましたが期待したものは得られませんでした。

 

結果

認定日請求で障害厚生年金3級の決定を受け、年間74万円を受給することができました。

うつ病・気分変調症等の最新記事

受給事例の最新記事

障害年金無料 相談会受付中! 045-594-8864 受付時間 9:00-20:00(土日・祝日応相談) 無料相談会予約無料メール相談
あなたは障害年金をもらえる?もらえない?どっち? 障害年金は多くの方が受給できる可能性のある年金です 無料診断実施中! 簡易1分受給診断 障害年金無料診断 キャンペーン