直腸癌で障害厚生年金3級を取得、年間82万円を受給できたケース

男性(40代)会社員
傷病名:直腸癌
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級
障害厚生年金 年間受給額:82万円

相談時の相談者様の状況

会社の健康診断を受けたところ、血便が見つかり大腸内視鏡検査を勧められた為、近医を受診しました。

全大腸内視鏡検査を行ったところ直腸癌と診断され、大きな病院へ紹介状を書いてもらいました。


大腸内視鏡検査、CT検査を行ったのち手術を行いましたが癌を取り切れなかったため、人工肛門を造設しました。

抗がん剤治療をしていますが、投薬後は1週間程度吐き気が続き、むかつきや体のだるさを感じていましたが、治療費のこともありご相談に来られました。

 

相談から請求までのサポート

初診は厚生年金加入中で、人工肛門は3級に該当することをご説明しました。

初診から約1か月後に手術を行ったので、障害認定日は手術日から6か月後になり、その時点で申請できることをご説明しました。

申請的には特に問題はありませんでした。

 

結果

申請から2か月程度で、障害厚生年金3級の決定がおりました。

年額で約82万円受給することができました。

受給事例の最新記事

咽頭がん・肺がん・直腸がん等の最新記事

障害年金無料 相談会受付中! 045-594-8864 受付時間 9:00-20:00(土日・祝日応相談) 無料相談会予約無料メール相談
あなたは障害年金をもらえる?もらえない?どっち? 障害年金は多くの方が受給できる可能性のある年金です 無料診断実施中! 簡易1分受給診断 障害年金無料診断 キャンペーン