S状結腸癌により人工肛門造設と尿路変更施術で障害基礎年金2級を取得、年間100万円、遡及で484万円を受給できたケース

女性(40代)無職
傷病名:S状結腸がん
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級 年間受給額:100万円 遡及額484万円

 相談時の相談者様の状況

 尿に血液が混ざるようになった為病院を受診することにしました。近所の内科医を受診し、エコー検査、尿検査を行いました。服薬していましたが病状が優れず、検査の結果もはっきりしないので、大きな病院を紹介されました。泌尿器科、消化器科、婦人科等受診し、検査を行いましたが、はっきり結果が出ませんでした。しかし外科を受診し、検査入院の結果「S状結腸癌」と診断されました。人工肛門置換手術と尿路変更手術を受け、1カ月半ほど入院しました。退院後は抗がん剤治療を1か月ほど続けたが体が拒否反応を起こしたため、抗がん剤治療は中止となり薬のみの治療となりました。
 現在は寝たり起きたりの日常生活状況で、家事は夫と子供がこなしている状況でした。

相談から請求までのサポート

 経済的な負担が大きくご主人が相談に来られました。人工肛門造設日と尿路変更施術日は初診日から1年3か月でしたので、手術日を障害認定日として認定日請求を行うことに致しました。また双極性障害も患っていて、精神福祉手帳2級を取得されていました。こちらは認定日当時の病院では神経症との診断でしたので、事後重症請求を行うことにしました。

結果

障害認定日、現症日とも障害等級2級を取得し、子の加算を含め年間100万円、遡及額で484万円を受給されました。また精神でも2級の認定が下りたため、障害等級1級に認定されました。

人工肛門造設と尿路変更を行っている場合、2級に認定してもらえます。また障害等級2級と2級で併合認定により1級に認めてもらえます。複数傷病を抱えている場合、より重い等級に認めてもらえる可能性がありますので、ぜひご相談ください。

がんの最新記事

咽頭がん・肺がん・直腸がん等の最新記事

障害年金無料 相談会受付中! 045-594-8864 受付時間 9:00-20:00(土日・祝日応相談) 無料相談会予約無料メール相談
あなたは障害年金をもらえる?もらえない?どっち? 障害年金は多くの方が受給できる可能性のある年金です 無料診断実施中! 簡易1分受給診断 障害年金無料診断 キャンペーン