うつ病で障害厚生年金2級を取得、年間168万円、遡及で253万円を受給できたケース

男性(30代)無職
傷病名:うつ病
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級
障害厚生年金 年間受給額:168万円、遡及額253万円

相談時の相談者様の状況

食欲がなく食事が進まず、常に息苦しさを感じ、テレビを視ていても全く楽しめなくなりました。会社にも行けなくなり休みがちになった為、近所の病院を受診したところ自律神経失調症、うつ状態と診断され、デパスが処方されました。自宅療養を指示された為会社は休職することとなりました。
 休職中は極度の過眠となり眠り続ける毎日でした。布団から出てこられず、食事は進まず、家族と会話したり子供の世話をすることも全くできなった為、会社はそのまま退職となりました。
 翌年、再就職をしましたが、3ヶ月程度で体調不良となり、息苦しさ、眩暈、心臓の苦しさ、動悸、耳鳴り、悪夢を見る、不眠、異常発汗、酷い肩こり等があり、次第に出社できなくなりました。
 専門医を求めて病院を変更し、当時の勤務先の近医を受診することとしました。薬が処方され、自宅療養を指示されましたが、年末より休職となり、翌年退職となりました。
 退職後は就労の意欲は全くなく、自宅にこもり過眠状態が続いています。家族以外との会話は困難であり、実母や実妹との会話もままならない状況にあります。外出をすることはできず、ほぼ一日中横になって過ごしている状態で、日常生活は妻の援助が無ければ全く成り立っておらず、子供とのコミュニケーションも難しい状況です。経済的な不安を感じて、奥様がご相談に来られました。

 相談から請求までのサポート

初診は2年ほど前なのでカルテは問題ありませんでした。受診状況も定期的に通院していましたので、認定日請求を行うことにしました。しかし出来上がってきた診断書を拝見すると、働いていないのに就労中であると書かれていたり、日常生活も割と軽く書かれていましたので、先生に診断書の見直しをお願い致しました。

 結果

障害認定日で障害厚生年金2級が決定し、子の加算を含め年額168万円、遡及で253万円を受給することができました。

うつ病・気分変調症等の最新記事

受給事例の最新記事

精神疾患の最新記事

障害年金無料 相談会受付中! 045-594-8864 受付時間 9:00-20:00(土日・祝日応相談) 無料相談会予約無料メール相談
あなたは障害年金をもらえる?もらえない?どっち? 障害年金は多くの方が受給できる可能性のある年金です 無料診断実施中! 簡易1分受給診断 障害年金無料診断 キャンペーン