完全房室ブロックでペースメーカーを装着し障害厚生年金3級を取得、老齢年金の障害者特例を選択し年額164万円を受給できたケース

男性(60代)無職
傷病名:完全房室ブロック
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級
受給額:老齢年金障害者特例を選択し年額164万円

相談時の相談者様の状況

 みぞおち周辺が痛みだし、普通の胃痛とは異なる、酸っぱい胃液の様な感じの嘔吐感を感じました。嘔吐感が続き不安になったので病院を受診しました。医師が心電図を取ると、非常に深刻な状態なので専門医に掛かるよう言われ、救急車にて転院をしました。診察の結果、心臓の動きが非常に悪いので原因を探すためそのまま入院した。検査の結果、完全房室ブロックと進行性の房室ブロックが認められました。安静を保つため1週間ほど入院しました。
 退院後は自宅で療養していました。受診の際にペースメーカー埋め込みの方針となりました。手術の為再入院となり、翌日ペースメーカー移植手術を受けました。先生の所見では、安静時若しくは日常生活活動時でも心不全症状若しくは狭心症症状が起こったり、繰り返してアダムス・ストークス発作が起こることがあると言われました。ペースメーカー適応度はクラスⅠ、身体活動能力は2.5メッツであった。
 現在、循環器内科に1~2ヶ月に1度の割合で通院しています。病院で障害年金のお話を聞きご連絡されてきました。

 相談から請求までのサポート

 ペースメーカーを装着し、日常生活に一定程度の制限がかかる場合には、3級に認めてもらえます。初診日から1年6か月を超えないうちに装着した場合には装着日が障害認定日になります。ご相談者様はこの状態に該当していましたが、既に60歳代前半の老齢年金を受給でした。
 厚生年金保険法に定める3級以上の障害状態にある場合、以下の条件を満たせば老齢年金の障害者特例が適用になります。

  1.  1.特別支給の老齢厚生年金の受給権を有していること
  2.  2.厚生年金保険被保険者資格を喪失していること

 この条件に該当すると支給停止になっている特別支給の老齢年金の定額部分が支給されるというものです。通常は多い金額の年金を選択されます。

 結果

 障害厚生年金3級が決定し、老齢年金の障害者特例を選択されました。その結果、加給年金を含め年額164万円の支給となり、老齢年金は90万円以上の増額となりました。

受給事例の最新記事

心疾患の最新記事

心筋梗塞・大動脈乖離・不整脈等(ペースメーカー装着・ICD装着)の最新記事

障害年金無料 相談会受付中! 045-594-8864 受付時間 9:00-20:00(土日・祝日応相談) 無料相談会予約無料メール相談
あなたは障害年金をもらえる?もらえない?どっち? 障害年金は多くの方が受給できる可能性のある年金です 無料診断実施中! 簡易1分受給診断 障害年金無料診断 キャンペーン