障害認定日に受診していなかったが、左先天性下肢欠損の為現象の診断書だけで認定日請求が認められ、障害基礎年金2級を取得、年間100万円、訴求で500万円を受給できたケース

相談者:女性 (40代)会社員
傷病名:左先天性下肢欠損
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
支給月から更新月までの総支給額:年間受給額100万円(加給年金含)

相談時の状況

生まれつき左足の踝から先がなく、また右足も一部変形していらっしゃいました。義足をつけて仕事もされていらっしゃいましたが、定期的に義足も作り直さなければならない為、障害年金のご相談に来られました。

依頼から請求までのサポート

20歳前障害でしたが、かかった病院全てでカルテが残っていなかった為、第三者証明を取って対応しました。20歳から3カ月以内に受診をしていなかった為、遡及は厳しいかと思われましたが先天性ということで認定日の診断書なしで遡及が認められました。

結果

障害等級2級を取得し、子の加給分を併せ年間100万円、5年の遡及で500万円を受給されました。遡及は諦めていたので大変喜ばれていらっしゃいました。

 

受給事例の最新記事

関節リウマチ・変形性股関節症・四肢の麻痺や欠損等(人工関節・交通事故)の最新記事

障害年金無料 相談会受付中! 045-594-8864 受付時間 9:00-20:00(土日・祝日応相談) 無料相談会予約無料メール相談
あなたは障害年金をもらえる?もらえない?どっち? 障害年金は多くの方が受給できる可能性のある年金です 無料診断実施中! 簡易1分受給診断 障害年金無料診断 キャンペーン