障害年金の等級

各等級の認定基準

障害の程度によって、1級、2級、3級と等級が変わり、もらえる年金額が変わります。
それぞれの等級毎の生活状況をご紹介します。%e7%9b%b8%e8%ab%87

また、過去に3級に認定されてしまった方でも本当は1級や2級の障害かもしれません。

諦めずにまずはご相談ください。

等級、認定基準について

障害等級 1級

身体の機能の障害又は長期にわたる安静を必要とする病状によって、日常生活ができない程度のもの。
他人の介助を受けなければ、ほとんど自分の身の回りのことができない程度のことを指します。

障害等級 1級:生活状態の例

病院内での生活:活動の範囲がおおむねベッド周辺に限られる状態

家庭内の生活 :活動の範囲がおおむね寝室(自室)内に限られる状態%e5%9b%b31

障害等級 2級

・身体の機能の障害もしくは長期にわたる安静を必要とする病状が、 日常生活に著しい制限を加えている程度

・日常生活に著しい制限を加えることを必要とする程度

必ずしも他人の助けを借りる必要はないが、日常生活は極めて困難で、労働により収入を得ることができない程度のことを指します。

障害等級 2級:生活状態の例

病院内での生活:活動の範囲がおおむね病棟内に限られる状態

家庭内の生活 :活動の範囲がおおむね家屋内に限られる状態%e5%9b%b32

障害等級 3級

・労働が著しい制限を受ける

・労働に著しい制限を加えることを必要とする

 また、傷病が治癒しない場合は労働が制限を受けるか又は労働に制限を加えることを必要とする程度のものを指します。

こちらの等級に関しては、職場の援助のもと就労できる状態を指します。
短時間勤務や軽作業なら就労することが出来る状態です。%e5%9b%b33

障害手当金

「傷病が治ったもの」であって、労働が制限を受けるか又は労働に制限を加えることを必要とする程度のものをいいます。

「障害年金の等級」の関連記事はこちら

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864