両側変形性股関節症で人工関節置換術を実施。肢体障害で障害厚生年金3級を取得、年額59万円を受給できたケース

女性(60代) 会社員
傷病名:両側変形性股関節症
決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級
受給額:年額59万円

相談時の相談者様の状況

歩けないほどの急な激痛が両足に走り、自宅近くにあった整形外科を受診しました。レントゲン撮影の結果、両側変形性股関節症と診断されました。普通に歩くことが困難になり、営業職を続けることが難しいとされて退職となりました。痛みが治まらないため、従兄が股関節の専門医として勤務する整形外科病院を受診することにしました。薬を服用しながら通院してリハビリを続けましたが、遠方の為自宅でのリハビリに切り替えました。歩行時には杖を使用するようになりました。

5年程治療を行っていましたが、レントゲン撮影の結果、股関節の変形が末期状態であり、日常生活が送れなくなったら手術が必要であると説明されました。痛みもあったため、自宅近くで専門医がいる病院で手術を受け人工関節をそう入置換しました。退院時は杖を使用していましたが、次第に使わずに歩けるようになりました。痛みは軽減し、日常生活が問題なくおこなえるようになりました。その後はリハビリを続けつつ、電車・バスを利用しながら通勤して事務の座り仕事を続けています。人工関節にすると障害年金が貰えるかもしれないと聞き、ご相談に来られました。

相談から請求までのサポート

下肢の三大関節(股関節、膝関節、足関節)のいずれかを人工関節又は人工骨頭にすると障害等級3級に認めてもらえます(上肢も同様)。御相談者様は初診が厚生年金加入中であった為、3級が受給可能であることをご説明いたしました。初診は8年前でしたがカルテは残っており手続き的には何も問題はありませんでした。

結果

障害厚生年金3級が決定し、年額59万円を受給することができました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「肢体の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864