ASD(自閉症スペクトラム)で障害年金を申請したい方へ

こんにちは、社会保険労務士の遠藤です。

当事務所はASDの方の障害年金申請を数多くサポートして参りました。

日常生活に支障が出ている方は障害年金の申請をすることがおすすめです。

 

もくじ
  • ①ASD自閉症スペクトラムとは
  • ②治療方法とは
  • ③障害年金の認定基準
  • ④障害年金申請のポイント
  • ⑤障害年金を申請する上で

 

①ASD自閉症スペクトラムとは

 

ASDは「自閉スペクトラム症」と呼ばれる発達障害のひとつです。

ASDの代表的な3つの特性は、下記の通りです。

  • コミュニケーション(対人関係)が苦手
  • こだわりが強い
  • 変化に弱い

 

ASDが発症する原因は、まだ特定されていません。ただ、現状では先天的な脳の特徴に起因する可能性が高いといわれています。

 

ASDの方は、その特性から「空気が読めない」「気を配れない」「自己中心的」と周囲に受け止められてしまい、対人関係が希薄になってしまう場合があります。

その結果、うつ病等の精神障害が二次障害として現れることがあります。

 

②治療方法とは

 

ASDを完全に治療する方法は、今のところはないといわれています。

日常生活や仕事で困りごとなどが発生している場合、自分にあった対処法や環境調整、スキルを身につけることで、困りごとなどを軽減させていきます。

ご自身のペースで生活するためにも障害年金の申請はおすすめです。

 

③障害年金の認定基準

 

発達障害は精神の障害の認定基準を用います。

認定基準

 

令 別 表

障害の程度

障 害 の 状 態

国 年 令 別 表

1 級

精神の障害であって、前各号と同程度以上と認められる 程度のもの

2 級

精神の障害であって、前各号と同程度以上と認められる 程度のもの

厚 年 令

別表第1

3 級

精神に、労働が著しい制限を受けるか、又は労働に著し い制限を加えることを必要とする程度の障害を残すもの

精神に、労働が制限を受けるか、又は労働に制限を加え ることを必要とする程度の障害を有するもの

別表第2

障害手当金

精神に、労働が制限を受けるか、又は労働に制限を加え ることを必要とする程度の障害を残すもの

 

認定要領

障害の程度

障 害 の 状 態

1 級

発達障害があり、社会性やコミュニケーション能力が欠如しており、かつ、著し

く不適応な行動がみられるため、日常生活への適応が困難で常 時援助を必要とす

るもの

2 級

発達障害があり、社会性やコミュニケーション能力が乏しく、かつ、不 適応な

行動がみられるため、日常生活への適応にあたって援助が必要なもの

3 級

発達障害があり、社会性やコミュニケーション能力が不十分で、かつ、社会行

動に問題がみられるため、労働が著しい制限を受けるもの

 

④障害年金申請のポイント

 

ASDの特性が就労や日常生活に影響し、どのように生き辛いのかを申請書類に反映させる必要があります。

 

例えば、

・匂いに敏感な為スーパーで買い物ができない

・お料理をしても並行して作業ができない為、電子レンジで温めていたことを忘れそのままにしてしまう

 

という情報をなるべく先生に伝えるようにして、診断書作成の参考資料にしてもらいましょう。

また就労している場合は、会社や同僚の配慮の状況も明らかにする必要があります。

 

⑤障害年金を申請する上で

 

精神疾患の診断書において、「日常生活の状況を正確に反映させる」ことは非常に重要です。

 

・医師に日常生活の状況を伝えられていない…

・客観的に自分のできること・できないことが分からない…

 

という方は一度専門家の社労士に相談することがおすすめです。

当事務所は初回の相談は無料で承ります。

 

無料相談のご予約方法

お電話かお問い合わせフォームよりご相談ください

TEL:045-594-8864

平日 9:00~20:00 

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    お電話番号 (必須)

    年齢
    20歳以下20~2930~3940~4950~5960~6464歳以上

    お住まい
    横浜市川崎市相模原市鎌倉市その他

    ご相談内容

    個人情報保護方針を確認頂き、宜しければチェックを入れてください

    今一度ご確認頂き、宜しければチェックを入れて送信ボタンをクリックして下さい。

    ※送信後、1営業日以内にお電話にて(発信番号045-594-8864)ご連絡させていただきますのでよろしくお願い致します

    障害年金についての最新記事

    障害年金無料診断キャンペーン

    LINEで障害年金のご相談

    漫画でわかる障害年金

    相談事例

    無料障害年金勉強会開催中

         
    お問い合わせ

    ご相談のご予約

    営業時間 : 8:30~18:00
    但し受付は24時間対応
    (原則翌営業日にご連絡)
    045-594-8864 メールは24時間受付中