反復性うつ病性障害で障害厚生年金2級が認められ、年額142万円を受給できたケース

男性(40代) 休職中
傷病名:反復性うつ病性障害
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級
受給額:年額142万円

相談時の相談者様の状況

 婚約解消や職場異動が重なり、意欲低下、不安感の強まりがあり、何も手が着かなくなり恐怖から身体が震えるようになった為、当日受診可能であった近医を受診しました。そこで抑うつ状態と診断され、薬が処方されました。その後別のクリニックを受診したところ抑うつ状態と診断されました。適応障害がある為先ずはストレス除去が必要で、考え方の癖を改めること、休職し徐々に外出して社会に慣れていくこと、と医師より指示があり、半年ほど休職しました。その間、投薬治療、心理療法、カウンセリングを受けていました。意欲低下、食欲不振、体重減少、睡眠障害、過覚醒、じっとしていられない、といった症状がありました。日常生活では家事ができず、復職後は担当上司が定期的に援助をしてくれていました。
 その後休職復職を繰り返していましたが、転勤となり引越し先近医を受診したところ、うつ病と診断されました。職場環境が変わっても体調に大きな変化は無く、4回目の休職となり現在に至るまで休職状態が続いています。
 現在、1~3週間に1回受診し、投薬治療、心理療法を受けています。主治医からは安静にすること、無理せず少しずつできることを増やすことといった指示がありました。実家での療養を勧められた為、1回3週間程実家の親の世話になっています。独居の自宅では家事が一切できていません。

相談から請求までのサポート

 認定日時点では一般就労でフルタイム勤務をしていましたので、事後重症請求を行うことに致しました。カルテはまだ残っていましたので、手続き的には特に問題はありました。ご本人から現在の状況を詳しくヒアリングして進めていきました。

結果

 障害厚生年金2級を取得し、年間142万円を受給されました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864