うつ病で障害基礎年金2級を取得、年間78万円、遡及で221万円を受給できたケース

女性(50代) 無職
傷病名:うつ病
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
障害基礎年金 : 年間78万円、遡及額221万円

相談時の相談者様の状況

 一日中やる気が出ず虚脱感が強くなる日が増え、生きていたくないと思い始めました。精神的に不安定だった為、クリニックを受診することとしました。しかし病状は改善されず集中力を欠き、人との会話は呂律が回らないことが増え、症状が悪化した為入院することとなりました。状態が良くなり退院はしましたが、すぐに呂律が回らずはっきり話せない状態となり、感情の起伏も激しくなりました。人と話すと冷静さを欠き体が震えパニックになることもあり、1人では外出することができなくなりました。家の中にいても気持ちが落ち着かず、現実から逃げたい気持ちで一杯でした。家事はおろか自身の身の回りのことも一切できなくなり、夫と大学生の娘の援助により生活していました。
 再度1ヶ月間入院しましたが、食欲もなくなり落込む日が多くなりました。家事はできず、虚脱感と悲観的に物事を考えてしまう状態が続きました。体重は38㎏まで減り、何度も昼夜倒れることがありました。病気になった自分を責めるようになり生きていたくないと思う日が続き自傷行為もありました。
 本人からの強い要望で入院をしました。退院後は調子が良い日とうつ状態の日を繰り返す日々が続きました。自信喪失による脱力感や無気力から家事も出来ず、物事を深く考えられなくなり、行動が雑になりました。38㎏まで落ちていた体重が、過食となり55kgを超えました。状態が不安定になってきた為、夫が会社を辞め次女と一緒に毎日介護するようになりました。
 現在、精神的な不安定さが依然として認められ外出することは無く、日常生活においてはほぼ全ての家事を夫と娘たちが行っています。意欲低下が著しく、一日中横になって過ごしていることが多い状態です。このような奥様のことを心配され、ご主人がご相談に来られました。            

相談から請求までのサポート

 初診は4年前で、認定日当時も定期的に通院していましたので、認定日請求ができること、また現在の病状をヒアリングしたところ受給可能性があることをお伝えしたところご依頼となりました。

結果

障害基礎年金2級を取得し、年間78万円、遡及で221万円を受給することができました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864