知的障害で障害基礎年金2級が認められ、年額78万円を受給できたケース

男性(20代) 無職
傷病名:知的障害
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
受給額:年額78万円

相談時の相談者様の状況

 小・中学校では勉強について行けませんでした。宿題を自分で解くことが全くできませんでした。毎日忘れ物をしていました。友達とコミュニケーションをとることが難しく孤立し、いじめの対象となり友達はいませんでした。テストが無いAO入試で入学することができる高校に入学しましたが他者とのコミュニケーションをとることができず、ほぼ不登校の状態でした。友達はおらず、ギリギリの出席日数で卒業しました。大学もAO入試で入学しましたが、学業に全くついて行けませんでした。必要だった奨学金などの手続きを理解することができず、1年半で除籍となりました。友達もできず、相談できる人も一切いませんでした。アルバイトに就いてみたものの、ミスが多く業務スピードについて行けずやはり2ヶ月で辞めることになりました。大学もアルバイトも無くなってからは、自宅に引きこもるようになりました。社会生活に必要な行政手続き等も一切することができず、全て怠っていました。
 引きこもり状態が続きうつ状態が年々悪化するようになった為、メンタルクリニックを受診したところ、知的障害と自閉スペクトラム症と診断されました。就労移行支援を利用していましが、就労就学には至っていない状況です。日常生活では全てにおいて常に援助が必要な状態ですが、家族からの支援を受けられるような環境にはなく困難な状況が続いています。

相談から請求までのサポート

 メンタルクリニックの先生からのご紹介でした。とても一人でできる状況ではないのでとのことでした。年金保険料は全く支払ってはいませんでしたが、知的障害の為納付要件は問われませんでした。二十歳の誕生日を待っての認定日請求でしたが、2か月ほどで証書が届きました。

結果

 障害基礎年金2級が認められ、年額78万円を受給されました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864