脳梗塞による肢体障害で障害厚生年金2級が認められ、年額131万円、遡及で153万円を受給できたケース

女性(50代) 無職
傷病名:脳梗塞
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級
受給額:年額131万円、遡及額153万円

相談時の相談者様の状況

 夜中の11時頃トイレに行こうとしたら体が動かず、救急車で病院へ搬送されました。検査の結果脳梗塞であることがわかり、手術してそのまま入院し、約3か月に退院しました。現在も通院とリハビリをしています。しかし、左半身にマヒが残り、左腕は肘より上に上がらず、指先はほぼ動かない状況です。

相談から請求までのサポート

 障害認定日は初診日から1年6か月後ですが、脳血管疾患による肢体障害の場合、6か月で症状固定と診断されれば、初診日から6か月後を障害認定日とすることができます。御相談者様の場合も、先生が6か月で症状固定と診断してくれていましたのでその旨ご説明いたしました。

結果

 障害厚生年金2級が認められ、年額138万円、遡及で153万円を受給されました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「肢体の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864