うつ病で障害厚生年金2級が認められ、年額223万円、遡及で836万円を受給できたケース

男性(50代) 無職
傷病名:うつ病
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級
受給額:年額223万円 遡及額836万円

相談時の相談者様の状況

 営業への配置転換を受けましたが、営業としてのプレッシャーを感じ、不安感と焦燥感から眠れない日が続きました。また眠れても1時間ごとに目が覚めてしまっていました。精神的に不安定な状態が続いたため、クリニックを受診することにしました。眠れるようにはなりましたが、強い倦怠感がありました。通院しながらかろうじて就労していましたが、仕事終わりには強い苛立ちと疲労感を感じていました。産業医の勧めもあり、休職することにしました。家では外出するのも億劫で、1日家にこもることも多い状況でした。特に午前中は気分がすぐれず、理由なく、いらだつことも多い状態でした。その後脳磁気治療の設備がある他の病院に転院しました。脳磁気治療により症状に多少改善がみられましたが、薬が合わず薬を飲めない時期もありました。結局症状は改善せず、退職に至りました。
 現在、倦怠感が強く、一人では適切な食事や掃除等は困難です。家事や身の回りの多くのことは家族に依存している状態です。人と会うのが億劫で、面倒に感じてしまい、苛立ってしまうこともあります。対人関係は家族・医療従事者のみと非常に限定的です。

相談から請求までのサポート

 初診は5年程前でしたのでカルテは残っていました。あとは細かなヒアリングを行い資料として提出致しました。認定日、現症日とも受診していましたので認定日請求を行ないました。認定日及び現症日とも2級を取得し、4年遡及が認められました。

結果

 障害厚生年金2級が認められ、年額223万円、遡及で836万円を受給されました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864