頚椎症性頚髄症による肢体障害で障害厚生年金2級が認められ、年額189万円を受給できたケース

男性(50代) 無職
傷病名:頚椎症性頚髄症
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級
受給額:年額189万円

相談時の相談者様の状況

 朝の歯磨き中、全身に激痛が走り手足が動かず、呼吸困難に陥りました。1時間ほどソファーに横になり虫の息でした。不自由ながらも何とか動けるようになり病院を受診し、そのまま緊急入院に至りました。1週間後、頸椎椎間板ヘルニア手術を受けましたが、足腰に痛みや歩行に障害がありました。腰部脊柱管狭窄症と診断され手術を受け、3週間程度入院しました。術後歩行に関して若干楽になったと感じたものの、痛み、しびれの感覚に大きな変化はありませんでした。医師からは首に形成が残っている為、今ある症状の完治はしないと告げられ、リハビリ機関を紹介され通院しました。マッサージ、関節ストレッチ、器具を使用したリハビリ等指導を受けましたが、特に改善は見られませんでした。症状が一向に改善されない為自ら専門医を探していたところ、日本に2台しかないMRIがあり、脊髄専門医をうたっている病院を見つけ受診しました。首からの症状はほぼ治らないという事と加齢による衰えを指摘され、アスリートレベルでのトレーニング及びリハビリが必要でこのままでは動けなくなり悪くなる一方と指摘されました。
 治療は続けていますが大きな変化は見られず、家族の援助により日常生活を何とか営んでいる状態です。痛み止めが処方されていますが症状に変化はありません。むしろ日々痛みが増してきています。

相談から請求までのサポート

 杖をつきながらご夫婦でご相談に来られました。体の自由が効かず日常生活もかなり制限を受けていらっしゃる様でしたので、受給可能性有とお伝えしたところご依頼となりました。

結果

 障害厚生年金2級が認められ、年額189万円を受給されました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「肢体の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864