洞不全症候群によるペースメーカー埋込術で障害厚生年金3級が認められ、年額134万円、遡及で78万円を受給できたケース

男性(60代) 無職
傷病名:洞不全症候群
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級
受給額:年額134万円、遡及額78万円

相談時の相談者様の状況

 失神したことをきっかけに病院を受診したところ、ブルガダ症候群と診断され通院していました。総合病院で経過観察を行っていましたが、ある日の心電図検査にて洞不全症候群が認められました。医師の見解によれば、ブルガダ症候群とは因果関係がないとのことでした。
 ペースメーカー植込み術適応と判断され、翌月にペースメーカー植込み術が施行されました。術後は同病院外来にて定期的にフォローを受けています。

相談から請求までのサポート

 ブルガダ症候群と洞不全症候群は同じ心臓の病気ですが、先生の診断は両者に因果関係はないとのことでした。しかし因果関係がないことを先生に証明してもらわないと機構の審査で返戻される可能性があると判断し、先生に意見書を作成していただき参考資料として添付いたしました。

結果

返戻されることなく、障害厚生年金3級が認められ、年額134万円、遡及で78万円を受給されました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「内科系の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864