自閉症スペクトラムで障害基礎年金1級が認められ、年額97万円を受給できたケース

男性(20代) 無職
傷病名:自閉症スペクトラム
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害基礎年金1級
受給額:年額97万円

相談時の相談者様の状況

 幼少期より他者との距離感や関わり方、言葉遣い等担任から毎週振り返りで指導を受けていたましが身につきませんでした。整理整頓や身だしなみは毎日注意されていました。話が一方的で突然行動が変わる為、他生徒には相手にされていませんでしたが、相手にされると調子にのり非常に騒いでいました。学校では一番手がかかると言われていました。
 高校卒業後は福祉事業所に通所し、箱折り、ラベル貼り、清掃等を行っていました。事業所からは日常生活の管理ができていない、職場のルールやマナーの遵守が難しい、集団における協調性に欠けると指摘されました。実習の結果により就労困難とされ、就労継続支援B型に移行することとなりました。
 家ではいちいち反発し自ら行動は起こしません。また感情のコントロールが難しくかんしゃくを起こします。身のまわりのことも含め、日常生活全てにおいて多くの援助を必要とする状態です。このようなお子様の将来を案じ、お母様がご相談に来られました。

相談から請求までのサポート

 半年後に20歳を迎えるといったタイミングでご相談に来られました。20歳前障害で初診日から1年6か月後が20歳に達した日(20歳の誕生日の前日)に達していなし場合には、20歳に達した日が障害認定日になります。この場合の診断書ですが、20歳に達した日の前後3か月の間の診断書を取得することになります。従いましてもうこの時期から動いても遅くはないというお話を致しました。またお子様の状況をヒアリング致しましたが、該当する可能性が高いという事もお話を致しました。

結果

 障害基礎年金1級の受給が決定し、年額97万円を受給されました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864