双極性障害で障害厚生年金3級が認められ、年額59万円を受給できたケース

男性(30代) 無職
傷病名:双極性障害
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級
受給額:年額59万円

相談時の相談者様の状況

 簡単な計算を間違えたり、人の話が理解できず聞き逃してしったり、遅刻や、業務報告ができず、業務に支障をきたすことが多くなりました。上司に医療機関の受診を勧められ、メンタルクリニックを受診したところ双極性障害と診断されました。躁状態となったとき受診が面倒だったことから3ヶ月程度受診を中断してしまいました。しかし抑うつ感が悪化し希死念慮も出現するようになり再度受診し、1ヶ月間休職しました。翌月復職し、配慮を受けて働きましたが、抑うつ状態時は就労が非常に困難でした。翌年より躁状態となり再度通院を中断してしまいました。仕事も非常に忙しく、病院に行きたくても休みを取れない状況でした。引き続き就労先の配慮を受けていましたが抑うつ状態時は勤務困難となる状況は変わらず結局退職となりました。
 翌月、転職しましたが抑うつから仕事に行けなくなりすぐに退職になりました。就労移行支援を利用しましたが、話をすることが面倒で報連相ができないことにより施設職員から注意を受けましたが理解してもらえないことに腹が立ち、一方的に利用を中止ました。このことをきっかけに抑うつ状態が悪化し、その後は就労できていません。同じ障害をもつ友人とはたまに交流できますが、他は家族以外との交流は全くない状況にあります。3ヶ月程度でうつ状態と躁状態が繰り返されている状況が続いており、日常生活においても両親の援助が必須となっています。

相談から請求までのサポート

 障害認定日当時は、体調の悪化を抱えながらもフルタイム勤務をしている状況でした。メンタル系の病気の場合、診断書が悪く書かれていても厳しい判断をされるケースが多いというのが実情です。このことを御説明いたしましたが、ダメもとでやりたいとのご希望でしたので認定日請求を行うことに致しました。ただ現在は働けていなく、ご両親の援助のもと生活をしていましたので2級相当かと思っていましたが、先生の診断書が厳しく、見直しをお願いしても聞き入れてもらえませんでした。

結果

 障害厚生年金3級の受給が決定し、年額59万円を受給されました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864