両変形股関節症による人工関節置換術で障害厚生年金3級が認められ、年額59万円、遡及で39万円を受給できたケース

女性(50代) 主婦
傷病名:双極性障害
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級
受給額:年額59万円 遡及額39万円

相談時の相談者様の状況

 両股関節に痛みを感じるようになりました。次第に悪化し、歩くと激痛を感じるようになったため自宅近くの整形外科を受診しました。レントゲン検査の結果、変形性股関節症と診断されました。痛み止めと湿布を処方され、様子を見ていましたが激痛により歩行困難となったため、大きな病院へ紹介状を書いてもらい、両側人工関節置換術を施行しました。翌日よりリハビリを開始し1か月程で退院しました。術後はリハビリテーションを継続しています。人工関節にすると障害年金の申請が可能だという事を病院でお聞きになりご相談に来られました。

相談から請求までのサポート

 初診は昨年なのでカルテはありますし、手術日は初診から9か月後なので障害認定日請求を行うことに致しました。手続き的には全く問題ありませんでしたので、2か月ほどで申請できました。

結果

 障害厚生年金3級が認められ、年額59万円、遡及で39万円を受給されました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「肢体の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864