両変形性股関節症による人工関節置換術で障害厚生年金3級が認められ、年額59万円を受給できたケース

女性(50代) 会社員
傷病名:両変形性股関節症
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級
受給額:年額59万円

相談時の相談者様の状況

 歩くと股関節に痛みがでてきましたので整形外科を受診しました。両変形性股関節症と診断され、痛み止めを処方されました。完治には手術が必要なので、リハビリテーション病院を紹介されました。診察の結果、やはり完治には手術が必要と診断されました。特に治療や投薬はありませんでした。先生からは費用やライフスタイルを踏まえて手術を検討するようにと言われました。この間も痛みがありましたが、病院に行っても治療ができる訳ではないので、受診はしませんでした。
 年々左右のバランスが悪くなり、常時違和感や痛みを感じ、可動域が狭くなっていきました。市販の鎮痛剤や湿布を使用していた。この間も痛みがあったが、病院に行っても治療ができるわけではないので、受診はしませんでしたが、病状は悪化していく一方でしたので、先生に手術の意向を伝えたところ、しばらく経過観察となりました。半年ほど経過して両人工関節置換手術を行ないました。術後はリハビリを行い半月ほど入院の後、杖歩行で退院した。以後、外来通院にて経過観察をしています。

相談から請求までのサポート

 初診は3年程前でしたので特に問題無く受診状況等証明書は取得できました。また人工関節でしたので3級認定も何ら問題ありませんでした。ちなみに人工関節は2つでも3つでも3級にしか認めてはもらえません。

結果

障害厚生年金3級が認められ、年額59万円を受給されました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「肢体の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864