うつ病で障害厚生年金2級を取得、年額117万円を受給できたケース

男性(40代)無職
傷病名:うつ病
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級
受給額:年額117万円

相談時の相談者様の状況

 職場の上司によるパワーハラスメントで次第に不眠や食欲不振となり出勤するのが恐くなりました。勤務先の近くのメンタルヘルスクリニックを受診したところ、仕事を休業するよう勧められ、1カ月半程度休職しましたが症状が落ち着いたため受診を中断しました。その後、父親が亡くなったことをきっかけに、うつ症状が再燃するようになりました。不眠、希死念慮が強まったため、自宅近くの病院を受診したところ、うつ病と診断され、休業および薬物療法を続けるように指示されました。金銭的にも困窮し、家事全般が自力では出来なくなったため、実家に戻り母親と同居することになりました。
 現在は炊事、掃除、片付け、洗濯等の家事全般を母親に頼っており、仕事もほぼできない状況であるため、将来に対する不安感が強く、うつ症状も悪化しています。希死念慮や他人の視線に恐怖を感じるため、外出もほぼできず、自宅に引きこもっている状態です。うつ病で障害年金が受給できると聞きご相談に来られました。

相談から請求までのサポート

 初診日は7年程前でしたが、すでに病院は廃院していました。しかし診察券に初診年月日が記載されておりましたので、こちらを初診の証明の資料といたしました。後は細かなヒアリングを実施し診断書の資料といたしました。

結果

 障害厚生年金が決定し、年額117万円を受給することができました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864