広汎性発達障害で障害厚生年金2級を取得、年間114万円を受給できたケース

男性(30代) 無職
傷病名:広汎性発達障害
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級
障害厚生年金 : 年間114万円

相談時の相談者様の状況

 障害者施設で勤務を開始しましたが、強く叱責されることが増え、上司とトラブルに発展したこともありました。次第に不眠、自信喪失、意欲低下、抑うつ気分となり、集中力や注意力が低下して、更にミスをすることが増えたためメンタルクリニックを受診したところ、自閉スペクトラム症と診断されました。服薬により症状は落ち着きましたが、職場での状況は変わらず、就労の継続が困難となり退職になりました。その後、就職し社宅で一人暮らしを開始しましたが、勤務先では上司との考え方の相違によりトラブルになり、半年程度で実家に戻ることとなり、退職となりました。
 退職後は直ぐに再就職しましたが、意思疎通や連携がうまくできず同僚とのトラブルが頻繁に起こり、仕事が円滑に進まないことでストレスを感じ、帰宅後に原因不明の意識喪失を起こし救急搬送されたため、2週間程度休職しました。その後、アルバイトに雇用転換してもらい、勤務日数や時間を調整しましたが、アルバイトも休みがちとなり退職になりました。それ以降、就労はできずほぼ引きこもりの生活を送っています。            

相談から請求までのサポート

 ご自分で手続きを進めていましたが、病歴就労状況等申立書がどうしても作れずご相談に来られました。全ての書類の作成を弊社で行うとご説明したところご依頼となりました。

結果

 障害厚生年金2級を取得、年間114万円を受給することができました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864