うつ病で障害厚生年金2級を取得、子の加算と併せ年間159万円を受給できたケース

男性(30代) 休職中
傷病名:うつ病
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級
受給額:年間159万円

相談時の相談者様の状況

 妻との口論をきっかけに下痢の症状が酷く出現するようになり、仕事に対する意欲が低下し、抑うつ状態となりました。将来に対する不安感も重なり、うつ症状が悪化したため、自身の職場であるクリニックを受診したところ、適応障害からの抑うつ状態だと診断され、薬物療法を開始しました。仕事を続けていましたが、意欲の低下が酷く、主治医と相談して2ヶ月程度休職しました。
 休職中に妻が軽度知的障害であることが発覚し、実家で子供を引き取ることとなりました。妻と二人暮らしになると、妻から暴言や無責任な発言等のモラルハラスメントを受けるようになり、うつ症状が悪化しました。やがて朝起きられなくなり仕事にも行くことが出来なくなったため、自宅を逃げ出して実家に帰り、仕事は再び休職することになりました。現在も休職が続いており、フルタイムでの復職は困難である状況のため、経済的不安から電話でお問い合わせがありました。  

相談から請求までのサポート

 御来所は難しいとのことで電話による面談を行いました。現在の日常生活状況を詳細にヒアリングし、家族の援助なしには生活が難しいこと、就労は厳しいことにより受給は可能というお話をさせて頂きご依頼いただきました。初診は3年程前でしたので問題なく進めていくことができました。

結果

 障害厚生年金2級を取得、年間159万円を受給することができました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864