うつ病で障害基礎年金2級を取得、年間78万円を受給できたケース

女性(30代) 無職
傷病名:うつ病
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
受給額:年間78万円

相談時の相談者様の状況

 派遣先にて一緒に仕事をしていた同僚から嫌がらせや虐めを受けたことをきっかけに、うつ症状、睡眠障害、幻覚、幻聴、パニック症状が出現しました。直ぐに退職しましたが、症状が悪化し、自傷行為もするようになったため、インターネットで探したメンタルクリニックを受診しました。パニック障害と言われ薬物療法を受けましたが、気分の波が激しく、自宅で暴れることがあると同居の交際相手に制止してもらっていました。幻覚、幻聴は続いており、就労はできず、日常生活も家事全般に同居人の援助を受けていました。
 主治医との相性が合わない為、女性の医師が在籍しているメンタルクリニックへ転医することにしました。受診したところうつ病と診断され薬物療法を受けています。現在、感情の起伏が激しく、コントロールがうまくできません。女性の泣き叫ぶ声、男性の唸り声、念仏、誰かがブツブツ話している声が自宅にいても外出先でも聞こえます。また居るはずのない人や動物の死骸が見えることが頻繁にあり、一緒にいる同居人に確認しても自分にしか幻覚幻聴はありません。日常生活は同居人の多くの援助を要しており、就労もできないため経済的に不安を感じご相談に来られました。           

相談から請求までのサポート

 現在の日常生活状況をヒアリングさせていただいたところ、生活を送るうえで家族の援助が必要で就労も困難なことから、受給は可能なことをお話いたしましたところご依頼になりました。初診は5年ほど前でカルテは残っていましたので、手続き的には特に問題はありませんでした。

結果

 障害基礎年金2級を取得、年間78万円を受給することができました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864