脊髄小脳変性症による肢体障害で障害基礎年金2級を取得、子の加算を含め年額100万円を受給できたケース

女性(40代) 主婦
傷病名:脊髄小脳変性症
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
受給額:年額100万円

相談時の相談者様の状況

 会話中ろれつが回っていないと感じるようになりました。たまに会う親戚からも同じような事を感じると指摘された為、MRI検査を受けたところ小脳の萎縮が認められ、脊髄小脳変性症と診断されました。2年程経つと自転車に乗れなくなり、歩き辛さを感じるようになりました。同時に喋りにくさを自覚するようになりました。徐々に症状が進み、日常生活において出来ないことが増え始め、自動車の運転もできなくなりました。
 現在は、ふらつくことも多く、外での自力歩行は一切出来ない状況となっています。室内であっても、階段の上り下りはできません。風呂、トイレは手すりをつかまりながら行っています。会話も大分聞き辛くなり、文字を書いても他者が読むことはできません。水分を摂るとむせることも頻繁です。日常生活では常時家族の援助が必要な状態となっています。

相談から請求までのサポート

 日常生活もままならない奥様の状態をご心配された御主人がご相談に来られました。脊髄小脳変性症は人により発症する部位が異なりますので、奥様の病状について詳細にヒアリングを行い可能性についてお話したところご依頼になられました。

結果

 障害基礎年金2級を取得、子の加算を含め年額100万円を受給することができました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「肢体の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864