うつ病で障害厚生年金2級を取得、年額111万円を受給できたケース

女性(20代) 無職
傷病名:うつ病
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級
受給額:年額111万円

相談時の相談者様の状況

 倦怠感、気分の落ち込み、浮腫みを感じ、朝も起きられなくなり、早退したり休みがちとなりました。友人に相談したところ、メンタルクリニックを勧められ受診したところうつ状態と診断されました。体力の低下等により頻繁に体調を崩して仕事を休むことが多くなり、涙が止まらなくなったり、気分が落ち込むようになったため、母親に付き添われてクリニックを受診したところうつ病と診断され、薬物療法を開始しました。職場に事情を話して暫く休ませてもらった後、退職に至りました。退職後は自宅で療養していましたが、処方薬が合わず眩暈や動悸が起こったため、母親が受診していた自宅近くのクリニックへ転医することにしました。うつ病と診断され、薬物療法を開始しました。現在、実際は両親と同居しており、日常生活は多くの援助を受けています。

相談から請求までのサポート

 以前弊社で障害年金のお手続きをさせて頂きました方からのご紹介で、御本人の代わりにお母様がご相談に来られました。ご紹介者からいろいろお話を聴かれていたようで、最初からご依頼ありきのご相談でした。

結果

 障害厚生年金2級を取得、年額111万円を受給することができました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864