卵巣がんで障害基礎年金2級を取得、年額78万円を受給できたケース

女性(50代) 主婦
傷病名:卵巣がん
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
受給額:年額78万円

相談時の相談者様の状況

 下腹部に異常を感じ検査をした結果、卵巣に腫瘍が認められました。手術日を待っていましたが、激痛が起こり始めたため、即入院となり卵巣及び子宮の全摘手術を受けました。術後は抗がん剤治療を開始しましたが、副作用で吐き気、痛み、全身の著しい倦怠感、痺れ、体重減少、脱毛がありました。その後、癌の再発が認められ全身転移していると告知されました。実家で療養するため実家近くの大学病院に転医し、抗がん剤治療を受け一定の効果が認められましたが、その後治験に参加しました。しかし効果が見られず、腫瘍が肥大化し、痛みも強まってきたため治験は打ち切りとなり、再び大学病院にて治療を継続することとなりました。現在、放射線治療の影響で右半身不随状態となっており、階段の昇降や自宅内での移動も伝い歩きをするため時間を要しています。

相談から請求までのサポート

 弊社のHPを見てお電話にてお問い合わせを頂きました。現在は治療の為遠方にお住まいで、直接の面談はできない為、電話でのご相談になりました。早急の手続きが必要と判断いたしましたのでそのように申し上げたところご依頼となりました。ご用意いただく資料は横浜にお住いのご主人に御対応いただきました。

結果

 障害基礎年金2級を取得、年額78万円を受給することができました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「その他の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864