網膜色素変性症による視野障害で障害厚生年金2級を取得、配偶者加算と子の加算を含め年額230万円を受給できたケース

男性(50代) 会社員
傷病名:網膜色素変性症
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級
受給額:年額230万円

相談時の相談者様の状況

 会社の健康診断で、網膜の異常を指摘されていましたが、特に自覚がなく受診していませんでした。しかし一昨年の検査で指摘を受けた際、視野狭窄を自覚したため、自宅近くの眼科を受診したところ、網膜色素変性症の疑いとのことで大学病院を紹介され、網膜色素変性症と診断されました。その後、特に受診していませんでしたが障害者手帳申請のため自宅近くのクリニックへ転医することにしました。眼底検査の結果、網膜色素変性が見られ、網膜電図異常(消失型)、ゴールドマン視野検査で求心性視野狭窄を認め、網膜色素変性症と確定診断を受けました。ここで診断書を作成してもらい、現在、障害者手帳を申請中です。同時に障害年金の請求をすることに致しました。

相談から請求までのサポート

 障害者手帳を申請した際の診断書のコピーをお持ちでしたので、拝見させていただきました。視野の数値は2級レベルにありましたので、その旨お伝えいたしましたところご依頼となりました。

結果

 障害厚生年金2級を取得、配偶者加算と子の加算を含め年額230万円を受給することができました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「眼・聴覚・言語の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864