御主人が手続きをして却下決定。弊社で申請を行い、右被殻出血による肢体障害で障害基礎年金2級を取得、年額78万円、遡及で110万円を受給できたケース

女性(60代) 主婦
傷病名:右被殻出血
居住地:大和市
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
受給額 : 年額78万円

相談時の相談者様の状況

 職場で接客中に商品の説明をしていたところ、急にろれつが回らなくなったため、他のスタッフに代わってもらい休憩室で横になっていましたが、立ち上がることができなくなった為、救急搬送された。重度の左片麻痺、構音障害、右前頭部痛がありました。頭部CT検査の結果、右被殻出血と診断されました。降圧コントロール、リハビリを受けましたが片麻痺が改善されず、リハビリを継続するため分院へ転医し、リハビリを開始しました。一人で座ることができず、疲労感も強いため直ぐに横になっていました。物事の理解度も低下するようになりました。自力でトイレに行くことができず、オムツを使用していました。
 退院後は自宅近くのクリニックにてフォローを受けることになりました。発症から半年後で症状固定が確認されました。現在、労働は不可能な状態であり、日常生活に介助を要する状態が続いています。

相談から請求までのサポート

 奥様の申請をご主人がお手続きをされましたが、症状固定時での障害状態を確認できないとのことで却下処分になってしまいました。どうしてよいかわからず担当のケアマネージャーがインターネットで検索し、ご相談の電話をかけてこられました。FAXで申請書類を一式送っていただき拝見いたしましたが、現症日が症状固定日でない為却下処分になったようでした。そこで再請求をお勧めしたところ弊社に御依頼となりました。

結果

 障害基礎年金2級を取得し、年額78万円、遡及で110万円を受給することができました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「肢体の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864