肝細胞癌転移による人工肛門設置術で障害厚生年金3級を取得、年額122万円、遡及で327万円を受給できたケース

男性(50代)会社員
傷病名:肝細胞癌
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級
受給額:年額122万円、遡及額327万円

相談時の相談者様の状況

 健康診断を受けたところ、γ-GTPが200を超え要精密検査となりました。精密検査を受けたところ腹膜播種を指摘されました。翌年、腹腔鏡補助下試験回復術、腹膜播種生検を行った結果、肝細胞癌、腹膜播種の診断となり化学療法施行となりました。ステージⅣ、余命1年の宣告を受けました。その後、専門医を受診し、大腸全摘術、人工肛門造設術を受けました。
 現在15㎏の体重減となり、日常生活では多くを家族に頼っている状態です。人工肛門の付け根部分のただれ及び鈍痛、手指の動作困難や強い痛み、常時の足指の痺れ、著しい倦怠感、脚の浮腫等に悩まされています。癌で障害年金が受給できると知り、奥様がご相談に来られました。

相談から請求までのサポート

 人工肛門を設置した場合、障害等級3級に該当いたします。また人工肛門設置日から6か月後が初診から1年半経過していなければ、設置日が障害認定日になります。御相談者様は初診が厚生年金でしたので、遡及請求で3級の受給が可能とご説明を致しました。

結果

 障害厚生年金3級が決定し、年額122万円、遡及で327万円を受給することができました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「その他の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864