気分循環症、ADHDで障害厚生年金2級を取得、年額128万円を受給できたケース

女性(40代) 無職
傷病名:気分循環症、ADHD
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級
受給額:年額128万円

相談時の相談者様の状況

 仕事へのストレスから体調不良で会社を休み、家に引きこもるようになりました。食事が全く摂れず、不安感、過呼吸発作が出現した為、メンタルクリニックを受診したところ強迫性障害と診断され会社は退職となりました。その後結婚しましたが、夫婦関係の不満をきっかけに自傷行為が始まり、一日中家に引きこもるようになりました。夫婦間の問題により、気分の浮き沈みが激しくなり、自傷行為も増えました。病院を変え薬も変えたところ急激に攻撃的となりました。夫婦間の関係はさらに悪化し、自傷行為が更に激しくなったため実家に戻されることとなりました。うつ状態や自傷行為が酷く1日中部屋に引きこもり、食事の時だけ出てくるようになりました。発達障害を疑い病院で検査をした所、ADHD・ASDと診断されました。現在服薬治療を行っていますが、症状に劇的な変化は無く、現在も実家にて両親の援助のもと何とか生活をしている状況です。

相談から請求までのサポート

 ご両親と娘さんの3人でご相談に来られました。ご本人は殆どお話にはなりませんでしたが、ご両親から娘さんの日常生活のご様子を伺った限りでは、状態的にはかなり悪そうな状況でした。制度及び受給可能性についてお話をした所ご依頼になりました。初診は12年程前でしたが、その場でクリニックに電話で確認したところカルテは残っていましたので、後は順調に進めることができました。

結果

 障害厚生年金2級を取得、年額128万円を受給することができました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864