うつ病で障害基礎年金2級を取得、年額78万円を受給できたケース

女性(20代) 無職
傷病名:うつ病
居住地:足立区
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
受給額:年額78万円 

相談時の相談者様の状況

 高校卒業後、専門学校に進学しましたが、自律神経失調症のような症状を発症したため、学校は退学し実家に戻ることになりました。症状は軽快と悪化を繰り返していたため、自宅近くのクリニックを受診しましたが主治医との相性が合わず中断しました。その後花屋で勤務しましたが、職場でのストレスが強く直ぐに退職に至りました。すぐにアルバイトを始めましたが、過重労働で不眠の症状も悪化したため、自宅近くのクリニックを受診したところうつ病と診断されました。アルバイトは退職し、その後は現在まで就労していません。
 現在、不眠、倦怠感があり、家事全般は同棲の交際相手に依存しています。ほぼ引きこもりの生活で労務不能な状況であるため経済的に不安を感じてお電話を架けてこられました。

相談から請求までのサポート

 弊社HPからご連絡を頂きました。弊社にての面談は難しいとのことで電話にてご相談となりました。いろいろお話を伺っていると、希死念慮や日常生活状況の状態から受給可能性についてお話しさせていただきました。

結果

 障害基礎年金2級を取得、年額78万円を受給することができました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864