慢性腎不全による人工透析で障害基礎年金2級を取得、年額78万円を受給できたケース

男性(60代) アルバイト
傷病名:慢性腎不全
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
受給額:年額78万円

相談時の相談者様の状況

 指先に痺れを感じるようになりました。1週間経っても治らない為、検査してもらったところ糖尿病と診断され、血糖降下剤が処方され服薬治療を行ないました。ある日病院で血圧を測ったところ260あり、大きな病院に救急搬送され、心不全との診断により入院となりました。その後はそのまま同じ病院の腎臓内科に通院しました。しかし腎臓機能の低下が加速し、人工透析適応となり、シャント手術を行ない人工透析開始となりました。現在も腎臓内科にて経過観察を行なうと同時に近所の腎クリニックにて人工透析を行っています。

相談から請求までのサポート

 弊社のポスティングチラシをご覧になりご連絡いただきました。初めは年金事務所でご相談され、ご自身で受診状況等証明書を取得されたようですがその後の進め方がわからず弊社に御依頼となりました。

結果

 障害基礎年金2級を取得、年額78万円を受給することができました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「腎臓の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864