統合失調症で障害基礎年金1級を取得、年間98万円を受給できたケース

男性(50代) 無職
傷病名:統合失調症
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害基礎年金1級
年間受給額:98万円

相談時の相談者様の状況

 高校生の時、異常行動を学校から指摘され、掛かり付け医を受診しました。様々な精神薬を試しましたが改善は見られませんでした。専門医が近くにできたため受診したところ、精神分裂症と診断され薬物療法を受けました。夜中によく家の中をウロウロ歩き回り、特に繁華街を歩く行為が大好きで、家族に隠れて黙って出かけることも多い状態でした。病状は徐々に悪化し、無気力な症状や、何を聞いても応えない状況が増えました。睡眠薬を強いものに変更してもらいましたが、服薬を忘れると昼夜逆転することもありました。何に対しても意欲が全く見られず、就労させようとPCを教えたこともありましたが、作業が継続できず、また文章を理解できませんでした。コミュニケーションが困難な状態も続いており、特に春先になると意思疎通が不可能になる状態でした。頭を抱えじっとし、自身の世界に閉じこもっていることがあり、金銭管理ができないため、必要な金額だけ受け取っています。両親とも高齢の為サポートも厳しくなっており、その様な状態をご心配されたお兄様からお問い合わせがありました。。

相談から請求までのサポート

 御本人は遠隔地でご両親と暮らしていたので、お兄様夫婦が代理でご相談に来られました。いろいろお話をお伺いしたところ該当しそうだというお話をさせて頂いたところご依頼となりました。初診は高校生の時で、30年程前なのでカルテは残っていませんでした。しかし現在の主治医が当時の担当医でしたので、主治医に第三者証明を書いて頂き初診の証明といたしました。

結果

 障害基礎年金1級を取得、年額98万円を受給できました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864