うつ病で障害厚生年金3級を取得、年額115万円を受給できたケース

男性(50代) 無職
傷病名:うつ病
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級
受給額:年額115万円 

相談時の相談者様の状況

 闘病中の実母が亡くなり、精神的に大きなショックを受けていたところ、義父も認知症やガンを患い、介護や通院等のサポートを担うことになりました。その心労からか不眠になり、仕事の大きなミスを機に抑うつ傾向が強まったため、クリニックを受診しました。夜眠れないこと、食欲がないこと、毎日不安なこと等を相談したところ、専門病院への受診を勧められ、大きな病院へ紹介状を書いてもらいました。ここで受診したところうつ病と診断され、薬物療法を受けています。受診後直ぐに療養の指示を受け、就労を継続することは困難な状態となった為、退職になりました。退職後は自宅に閉じこもった生活を送っており、社会復帰の目途も経たないため、経済的な不安を感じお電話をしてこられました。

相談から請求までのサポート

 弊社HPをご覧になり電話にてご相談となりました。初診は厚生年金で現在就労不能という事なので何らかの等級には該当する可能性が高いとお話ししたところご依頼となりました。

結果

 障害厚生年金3級を取得、年額115万円を受給することができました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864