反復性うつ病で障害厚生年金2級を取得、年間182万円を受給できたケース

男性(40代) 無職
傷病名:うつ病
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級
受給額:年額182万円

相談時の相談者様の状況

 過重労働および私生活でのトラブルでストレスが蓄積し、抑うつ症状が発生しました。近医メンタルクリニックを受診し、うつ病と診断されました。実家で静養していましたが改善せず、退職になりました。その後就・退職を繰り返していましたが、結婚により転居し、自宅近医を受診しました。緊張性頭痛および不眠が常に発生している状況となり、服薬治療を行ないましたが、症状は全く改善なかった為、職場の近医に転院しました。前医と同じ薬が処方され、症状の改善は全く見られませんでした。その後うつ状態にて休職しましたが1年程で職場復帰しました。しかし業務中に強い倦怠感を感じるようになり、休職しそのまま退職となりました。現在日常生活のほとんどに関して妻の援助を受けている状況にあり、就労もできていません。

相談から請求までのサポート

 睡眠障害、思考力の低下で休職しており、経済的に不安を感じてご相談に来られました。会社員でしたが休職中でしたので、受給可能性はある事を御説明したところご依頼になられました。 

結果

 障害厚生年金2級を取得、年額182万円を受給できました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864