変形性股関節症による人工関節置換術で障害厚生年金3級を取得、年額103万円を受給できたケース

男性(60代) 会社員
傷病名:変形性股関節症
居住地:三浦市
決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級
受給額:年額103万円

相談時の相談者様の状況

左股関節に痛みを感じ始め、仕事と日常生活に支障をきたし始めました。段々痛みが増し、激痛になり我慢ができなくなった為、病院を受診しました。左変形性股関節症と診断され、他病院を紹介されました。2か月後、左人工股関節置換術を行い、リハビリ後退院しました。現在も、歩行時の違和感と術部周りの痛みがあります。

相談から請求までのサポート

 ご相談者様はリハビリ中にソーシャルワーカーから、人工関節にすると障害年金が貰えるとお聞きになり、入院中にお電話にてお問い合わせいただきました。 退院後、弊社にて面談をし制度の事と受給可能性についてお話ししたところご依頼となりました。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                 

結果

障害厚生年金3級を取得、年額103万円を受給することができました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「肢体の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864