右変形性股関節症による人工関節置換術で、障害厚生年金3級に認定され、年額111万円、訴求で37万円を受給できたケース

女性(60代) 会社員
傷病名:右変形性股関節症
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級
受給額:年額111万円、訴求で37万円

相談時の相談者様の状況

 右股関節に違和感があり、徐々に悪化して痛みを感じるようになったため、自宅近くの整形外科を受診しました。検査を受けたところ右股関節痛が認められ、大学病院を紹介されました。検査の結果、右変形性股関節症と診断されました。経過観察をしていましたが、徐々に悪化していき、右人工股関節置換術を受けました。

相談から請求までのサポート

 病院で人工関節にしたら障害年金が貰えると聞き、お電話されてきました。御相談者様の場合初診から人工関節手術日まで1年程でしたので、障害認定日請求が可能とお伝えいたしました。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              

結果

障害厚生年金3級を取得し、年額111万円、遡及で37万円を受給することができました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「人工関節(変形性股関節症・変形関節症)」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864