広汎性発達障害で障害基礎年金2級が認められ、年額78万円を受給できたケース

女性(20代) 無職
傷病名:広汎性発達障害
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:認定日:障害基礎年金2級
受給額:年額78万円 

相談時の相談者様の状況

    幼稚園では、単独行動を行いみんなから引かれていました。年中の時にアスペルガー症候群と診断されました。小学校では一方的で空気が読めないため、仲間はずれにされ、中高でも対人関係が上手くいかず、学校に行きたくない日が多かい状況でした。上手くいかないことやストレスで、家で大声を出して暴れる時がありました。高校卒業後、能力開発センターに通いました。対人関係が上手くいかず、ストレスで精神不安定な日が続いたため、精神安定剤の服用を始めました。
 現在は、就職ができなかった為、就労支援に通っています。このまま就職できないのではと不安になり、落ち込む時があります。このような娘さんの状況をご心配されたお母様からのご相談でした。

相談から請求までのサポート

 チラシを見て出張相談会にお母様がお越しになりました。娘さんの日常生活状況を詳細にヒアリングしたところ、単独で生活することは困難で就労もできないことから、受給可能性はあるとお話ししたところ、御依頼になりました。

結果

    障害基礎年金2級が認められ、年額78万円を受給されました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864